スポーツ安全保険「すぽあん」

当クラブでは会員の皆様に「スポーツ安全保険」のご加入をお勧めしております。安心して思いっきりクラブライフを楽しむためにも「万一に備えて」ぜひご加入ください。

なお、キッズ会員の皆様においては全員加入をお願いしております。

主な補償内容

① 傷害保険

対象となる主な例

  • ・スタジオレッスン中に足をくじいて捻挫した
  • ・ウェイトトレーニング中にバーベルを足に落として骨折した
  • ・当クラブに向かう際、自動車にひかれてケガをした(寄り道等がありますと原則対象になりません)

対象とならない主な例

  • ・オーバートレーニングが原因のもの(疲労骨折・筋肉痛・膝の炎症・テニス肘など)
  • ・成長、加齢に伴う症状(オスグッド病、腰痛など)
  • ・病気が原因のもの(心筋梗塞、心不全、低血糖など)
すぽあんイラスト

② 賠償責任保険

第3者の物を損壊したり、第3者の身体に障害を与えてしまったことにより、法律上の賠償責任を負った場合にその損害を補償します。

対象となる主な例

  • ・クラブ談話エリアで転んでしまい他の方にコーヒーをかけてしまった
     ⇒ クリーニング代や火傷の治療費
  • ・バランスボールを使用中に転倒。スタジオのガラスを割ってしまった
     ⇒ 窓ガラスの修理代
  • ・自転車で当クラブに向かう際、通行人と接触してケガさせてしまった
     ⇒ 治療費、休業補償費用など

対象とならない主な例

  • ・ジムに設置されているランニングマシン、ウェイトマシン等を使用中に壊してしまった場合
  • ・法律上の賠償責任がない場合。例えば格闘技教室でお互い打ち合う練習中に相手にケガを負わせた場合などは、活動中のプレーヤーはこのような危険を受忍しているため、双方に法律上の賠償責任が発生しないことが一般的です。
  • ・自動車、自動二輪、原付自転車での往復中に発生した対人、対物事故(ご自身のケガは傷害保険の対象になります)
すぽあんイラスト

③ 突然死葬祭費用保険

傷害保険では対象とならない突然死(心筋梗塞、脳梗塞などによる死亡)について、親族が負担した葬祭費用について180万円を限度に補償します。

対象となる主な例

    • ・プールにて遊泳中に心筋梗塞を発症し死亡した場合、親族が負担した葬祭費用を補償します

年間掛金(平成29年度実績)

区分 加入者 掛金 傷害保険 賠償責任保険 突然死葬祭費用
年間掛金 死亡 後遺障害 (最高) 入院 (日額) 通院 (日額) 支払限度額 支払限度額
A1 子供(中学生以下) 800円 2,000万円 3,000万円 4,000円 1,500円 対人、対物賠償合算
1事故5億円
ただし、対人賠償は
1人1億円
対人、対物賠償合算
1事故5億円
ただし、対人賠償は
1人1億円
C 大人(64歳以下) 1,850円
B 大人(65歳以上) 1,200円 600万円 900万円 1,800円 1,000円

※掛金の他、事務手数料として【A1】子供区分 200円 【C】大人64歳以下区分 550円 【B】65歳以上区分 600円を別途申し受けます。

保険期間

保険期間は毎年4月1日から翌年3月31日午後12時までの1年間となります。
但し、期中にご加入いただいた場合は手続きを行った日(お申し込みと掛金をお支払いただいた日)から直近の3月31日午後12時までとなります。
詳しくはフロントにてお手続きいただく際にご案内させていただきます。

万が一事故が起きてしまったら

NAスポーツクラブA1保険部が保険会社への事故の連絡、手続きのお手伝い等を行います。事故が発生した際には速やかにフロントまでお申し出ください。
なお、事故が発生してからの保険加入では補償を受けることができません。

※「スポーツ安全保険」は誰もが安心してスポーツや文化などの団体・グループ活動に参加できるようにするため、公益財団法人スポーツ安全協会が損保保険各社と協力して作り上げた、小さな掛金で大きな補償が得られる公益目的事業です。スポーツ安全協会が加入の取りまとめ機関・契約者となり、東京海上日動火災保険(株)を幹事会社とする損害保険会社8社との間で保険契約を締結しています【スポーツ安全協会 パンフレットより抜粋】

※補償内容のご説明についてはスポーツ安全協会が発行する「スポーツ安全保険のしおり」をA1スポーツクラブの活動実態等にあわせ要約したものです。 なお、補償範囲の対象はNAスポーツクラブA1での団体活動中となります。NAスポーツクラブA1以外でのスポーツ活動については保障されません。

ご相談フォーム